2024年4月1日に広島大学放射光科学研究センターから広島大学放射光科学研究所に改組しました。

ホームページは只今改修中です。

 

日本学術会議「未来の学術振興構想(2023年版)」に採択されました。

グランドビジョン⑯:量子ビームを用いた極限世界の解明と人類社会への貢献(No.145)

 

文部科学省「地域中核・特色ある研究大学強化促進事業」に採択されました。

 

施設概要

放射光科学研究所(旧 放射光科学研究センター)(共同利用・共同研究拠点「放射光物質物理学研究拠点」)では、小型放射光源(HiSOR)から発生する紫外線~軟X線域の放射光を利用し、世界最先端の計測技術を用いて物質科学研究を推進しています。また大学の中に置かれた研究拠点として、多様な文化や背景を持つ国内外の大学・研究機関の第一線の研究者と共通の研究課題に取り組み、互いに学ぶことのできる環境を活用した、学生・大学院生、若手研究者の育成を進めています。

一覧へ

トピックス

2024年05月23日
研究所長挨拶を掲載しました
2024年04月26日
新聞報道を更新しました
2024年04月19日
沿革・設置目的を更新しました
2024年04月16日
運営組織委員など、2024A期ビームタイムスケジュールを更新しました
2024年04月12日
2024A期ビームタイムスケジュールを更新しました
2024年04月09日
アウトリーチ、活動状況を更新しました。
2024年04月08日
2024A期ビームタイムスケジュールを更新しました
2024年04月02日
おもしろ科学体験を開催します(4月20日)
2024年04月01日
教職員を更新しました
2024年03月29日
HiSOR Activity Report 2022を掲載しました