センターについて

センター長挨拶

広島大学放射光科学研究センター(HiSOR)は、真空紫外線・軟X線域での放射光利用研究の推進と人材育成を目的として平成8年(1996年)に10年時限の学内共同教育研究施設として設置されました。平成14年(2002年)には全国共同利用施設として新設され、国内外の研究者に開かれた施設となり、現在に至っています。

本センターは、○紫外線~軟X線域の放射光を活用する全国共同利用を通して固体物理学を中心とする物質科学や生命科学の基礎研究の推進と工学等の応用研究の支援を行なうこと及び○教育・研究の現場に設置された全国共同利用の放射光施設であることの特性を活かした若手研究者・技術者の人材を育成することを使命としています。

これまで、HiSORで高度化を進めてきた「放射光電子構造解析」は、名実共に世界トップレベルに達しています。この手法を用いた高温超伝導体や典型金属の研究は一挙に加速し、多くの国際会議・ワークショップにおける招待講演につながりました。また、海外の著名な研究機関との国際共同研究を加速させ、成果は、Nature、Physical Review Letters 等の著名な学術誌に掲載されました。

HiSORの特徴を活かして、多くの学生・大学院生が、放射光装置学、放射光利用研究分野で活躍する中で、装置開発と利用研究までの一貫した教育を実施しているのも本センターを活用した人材育成の大きな特長となっています。現在、これらの環境で育った多くの博士やポスドクが、SPring-8、KEK-PFをはじめとする放射光施設や企業で活躍しています。

全国共同利用では、研究者コミュニティの自主性・自律性に基づいた運営を確保すること、開かれた運営体制を整備し運営に外部研究者の意見を充分にすること、広く公募を行い公正な課題選定を行うことなどの点について、今後とも、定期的な点検・評価を行ない、整備を進めて行きたいと考えています。

本センター教職員と国内外の研究者による世界レベルの放射光利用研究や国際的な人材育成が一層促進されることを強く期待しています。

広島大学放射光科学研究 センター長 生天目博文