成果

研究成果解説

放射線DNA損傷修復に関わるヒストンタンパク質の構造変化の観測

放射線DNA損傷修復に関わるヒストンタンパク質の構造変化の観測 DNAは、遺伝情報が書き込まれた重要な生体物質です。そのため、紫外線や放射線などによるDNAの損傷は、細胞死や突然変異を引き起こし、がんの発症など重篤な疾患の原因になります。Read more...

トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見

トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見 結晶表面においては、原子が周期的に並んだ結晶内部(バルク)とは異なる様々な特異な現象が起きることが知られています。しかも、当然ながら結品表面の現象はバルクの性質の影響も強く受けています。しかも、当然ながら結品表面の現象はバルクの性質の影響も強く受けています。Read more...

トポロジカルな電子構造をもつ新しい超伝導物質の発見

トポロジカルな電子構造をもつ新しい超伝導物質の発見 近年、表面に特殊な電子構造(トポロジカル表面状態)をもつトポロジカル物質が注目を集めています。トポロジカル物質研究の発展は、2005年のトポロジカル絶縁体の予言と、それに続く発見に端を発します。トポロジカル絶縁体は、内部は電気を通さない絶縁体である一方、Read more...