成果

研究成果解説

電気磁気効果を示すクロム酸化物とグラフェンの接合界面にスピン偏極した電子状態が形成されることを初めて発見

電気磁気効果を示すクロム酸化物とグラフェンの接合界面にスピン偏極した電子状態が形成されることを初めて発見 近年、情報通信社会の進展によりコンピュータによる大量の情報量の記録と演算が日常的に必要とされ、記録媒体である磁気メモリ素子と演算回路の基本要素であるトランジスタ素子は、 Read more...

放射光の時間構造をアト秒精度で制御

放射光の時間構造をアト秒精度で制御 ほぼ光の速さまで加速された電子が磁場などの作用により進行方向を曲げられると放射光と呼ばれる強い光が放出されます。その波長域はテラヘルツ波・赤外線から紫外線・X線まで広がっていますが、Read more...

神経ネットワークの形成に必要な「糊」タンパク質の構造の初観測

神経ネットワークの形成に必要な「糊」タンパク質の構造の初観測 脳が働くとき、神経細胞はインパルス(電気信号)を軸索というひも状の組織経由で伝達させます。私たち脊椎動物の神経には、このインパルスの伝播を高速化させるミエリン鞘という構造体が存在しています。Read more...