成果

研究成果解説

トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見

トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見 結晶表面においては、原子が周期的に並んだ結晶内部(バルク)とは異なる様々な特異な現象が起きることが知られています。しかも、当然ながら結品表面の現象はバルクの性質の影響も強く受けています。しかも、当然ながら結品表面の現象はバルクの性質の影響も強く受けています。Read more...

トポロジカルな電子構造をもつ新しい超伝導物質の発見

トポロジカルな電子構造をもつ新しい超伝導物質の発見 近年、表面に特殊な電子構造(トポロジカル表面状態)をもつトポロジカル物質が注目を集めています。トポロジカル物質研究の発展は、2005年のトポロジカル絶縁体の予言と、それに続く発見に端を発します。トポロジカル絶縁体は、内部は電気を通さない絶縁体である一方、Read more...

放射光を用いた新技術でアミロイド線維の微細溶液構造を初めて解明

放射光を用いた新技術でアミロイド線維の微細溶液構造を初めて解明 蛋白質の立体構造は、その生物学的機能の解明や創薬の研究開発を行う上で極めて重要であり、放射光によるX線回折法や核磁気共鳴法から求めた原子レベルの構造情報が広く利用されています。これらの方法は、蛋白質を結晶化する必要があったり、Read more...