成果

研究成果解説

メチル化によるヒストンタンパク質構造変化の初観測

高温超伝導の立役者、決定的証拠を観測 DNAには遺伝情報が書き込まれているため、紫外線や活性酸素、放射線などの刺激によりDNAが傷つくと、正しい情報を伝えることができなくなります。その結果、正常な機能が失われたり、がんを発症したり Read more...

新奇超伝導体に特殊なスピン電子構造を発見

新奇超伝導体に特殊なスピン電子構造を発見 電子には電荷に加えスピンの自由度があります。スピンはそれ自身が微小な磁石の性質を持ちます。例えば、強磁性体ではスピンがある方向に揃っているため物質全体が磁石の性質を持ちます。Read more...

グラフェンの100倍以上のキャリア数を持つ導電性シート

高温超伝導の立役者、決定的証拠を観測 最近、微細化が進められているナノデバイスの究極の素子として、厚さが原子1層分である単原子シートに注目が集まっています。炭素の場合は「グラフェン」として知られ、エレクトロニクスなどへの応用研究が世界中で盛んに行われています。 Read more...