成果

NPG Asia Materials(ネイチャー・パブリッシング・グループ) のハイライト論文に取り上げられました

黒田健太(広島大学大学院理学研究科大学院生)、木村昭夫准教授(広島大学大学院理学研究科)らの研究チームがHiSOR BL-1を利用して得られた研究成果(K. Kuroda et al., Experimental Realization of a Three-Dimensional Topological Insulator Phase in Ternary Chalcogenide TlBiSe2, Phys. Rev. Lett. 105, 146801 (2010))がNPG Asia Materials(ネイチャー・パブリッシング・グループ) のresearch highlights(2010年11月29日付)に取り上げられました(http://www.natureasia.com/asia-materials/highlight.php?id=806)。本論文は、卓越した研究成果を紹介する米国物理学会のウエブページPhysicsでも取り上げられました(http://physics.aps.org/synopsis-for/10.1103/PhysRevLett.105.146801)。