第26回FELとHigh-Power Radiation研究会

2019年12月17、18日  広島大学

主催 : 広島大学放射光科学研究センター
協賛 : 日本加速器学会



  趣旨 :  
 近年、軟X線や硬X線領域のFEL施設の建設・稼働が世界各地で進み、これまでにない高輝度の光を利用した実験が活発に行われるようになってきました。また、赤外やテラヘルツ領域での自由電子レーザー、コヒーレント放射、レーザーコンプトン散乱、新奇なアンジュレータなど、加速器を用いる様々な光源技術やその利用法の開拓が着実に進展しております。FELとHigh-Power Radiation研究会は、自由電子レーザー(FEL)を中心に、加速器を用いたHigh-power radiationの発生とその利用に関する研究成果を発表する場として、1991年より開催されてきました。本年度は広島大学放射光科学研究センターの主催で、広島大学東広島キャンパスにおいて開催いたします。High-power radiationをキーワードとしつつ、FELを始めとする様々な光源技術、関連する加速器技術やビーム物理、物質・生命科学などにおける応用など、広く分野を超えた活発な討論を期待しております。多数の皆様のご参加をお待ちしております。
  日時 : 2019年12月17日(火)、18日(水)
  場所 : 広島大学学士会館(東広島キャンパス内)
  講演形式 : 口頭
  言語 : 日本語または英語
  参加費 : 無料
  発表申込締切 : 2019年11月10日(日)
  参加申込締切 : 2019年11月24日(日)
<当日参加も受け付けますが、懇親会参加希望の方は必ず上記の期限までに参加申込をお願いします。>
  申込・問合せ先 : felhp26@hiroshima-u.ac.jp (@を半角に変更してください)
  その他 : 

世話人:加藤政博(広島大学/分子科学研究所)