アウトリーチ

アウトリーチ

Hiroshima University Synchrotron Radiation

放射光科学研究センター(HiSOR)は、大学に設置された放射光研究施設としてサイエンスの推進に加えて人材育成・地域連携を進めています。大学のキャンパス内に建設された放射光研究施設を利用できるメリットを活かして、卒業研究、修士・博士課程の教育プログラムに活用しているほか、地域社会の人材育成に貢献する活動を行っています。

毎年、中四国地域の中高生による施設見学を受け入れています。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)等から令和2年からは、リモートでの研修活動も可能とし、仮想現実(VR)の技術を活用し、遠隔であってもイマーシブな施設見学体験のできる「VR先端科学体験セミナー」を提供始めました。ワクワクする学びを追求するSTEAM教育に対応したコンテンツの整備を進めています。

広島大学では令和3年度にTown&Gown構想を発表し、地域と連携して科学技術イノベーションと人材育成に取り組んでいます。HiSORもその一翼を担っています。

↑TOPへもどる

Town & Gown 構想

ニュース・トピックス

令和4年度の主な施設公開予定等をお知らせします。

夏休み子供見学デーの一般公開

R4年8月18日(木)、19日(金)終日

オープンキャンパス

R4年8月18日(木)、19日(金)

文化週間(ホームカミングデー)の一般公開

R4年11月5日(土)

福島県イノベーションコースト機構と連携

R4年度には、VR先端科学体験セミナーのSTEAM化を進め、福島県イノベーションコースト構想推進機構と連携して福島県の子どもたちの人材育成に取り組んでいます。また、この成果は全国の中学高校にセミナーを提供し、広く若い人材の育成に貢献する予定です。