センターについて

共同利用・共同研究拠点

放射光科学研究センターの設置目的

真空紫外線から軟X線域の放射光を利用する全国共同利用施設

固体物理学を中心とする物質科学研究分野の独創的・先端的学術研究の推進及び全国共同利用を活かした人材育成を目的として設置されてきました。

放射光物質物理学研究拠点の目的

世界最高レベルの放射光設備の活用や最先端の放射光計測技術の開発による物質科学研究及び共同利用・共同研究への参加による学生・院生・若手研究者の育成を目的としています。

拠点の概要

  1. 真空紫外線から軟X線域の放射光を利用し、固体物理学を中心とする物質科学研究分野の独創的・先端的学術研究を推進する。
  2. 本センターで蓄積した技術を活用して、世界最高分解能の電子構造解析や世界最高感度のスピン構造解析など物質科学の創造的研究を牽引する計測技術を構築し、共同利用・共同研究に供する。
  3. 新奇超伝導の発現機構の解明、バルク・表面磁性・薄膜磁性などの新領域の開拓、ナノ物質特有の電気的・磁気的・光学的性質の解明など固体物理学のフロンティアの開拓に挑戦する。
  4. 国内外の研究者が結集し最先端の研究活動を展開する環境の中で学生・院生等の次世代の若手研究者を育成する。